③IR資料作成支援

 

 

 

長期の投資家に対し、自社の現状と将来を適切に伝えるためのツール(IR用の事業計画書/戦略資料)を作成します。

 

【当ページの目次】

 

・弊社がIR資料作成を支援することによるメリット

・弊社が作成するためのIR資料の内容

・「1. 事業の説明」サンプル

・「2. 当社の業績」サンプル

・「3. 将来の計画」サンプル

・「4. 株主・投資家の皆様へのメッセージ」サンプル

・IR資料作成のスケジュール

 

 

弊社がIR資料作成を支援することによるメリット


弊社は、M&Aコンサルタントのノウハウを活かし、個人投資家に対しては分かりやすく、機関投資家に対しても必要かつ十分な情報を盛り込んだ資料作成をご提案します。

 

以下に弊社に資料作成をご依頼される際のメリットをまとめました。以下3点です。

メリット

概要

①専門性

M&A、企業分析の専門家による正確で鋭い分析力による資料をご提供いたします

②効率性

企業分析におけるプロフェッショナルが資料を作成することにより、ご担当者様の工数を最小限に抑え、スピーディに質の高い資料をご提供いたします

③第三者性

独立会社が作成することによる客観性・公平性のある資料をご提供することが可能です

 

 

また、幅広く活用していただけるような資料を作成いたします。

活用方法

資料の中からご活用いただける内容/ご活用方法

①金融機関から
 の資金調達

・経営、事業計画の妥当性、金利支払い能力に関する説明
・販売力、財務力、経営管理力、技術力等についての理解に
 資する情報

②提携企業への
 支援要請

・自社の経営資源、理念と方向性
・互いに与えるものと受け取るもの

③社内共有

・マネジメント陣における実行可能性を検討するための事業進行
 度合いの確認
・社員、スタッフとの意識統一、モチベーション維持のための
 事業説明、目標、役割分担の説明

④IR説明資料

・株主、投資家に対する自社の強み、将来の説明

 

 

 

 

弊社が作成するIR資料の内容


IR資料において明らかにするべきアジェンダ(案)は以下のとおりです(実際に資料作成をスタートする場合には、下記内容はヒアリングをさせていただいた上で最終決定となります)。

 

 

アジェンダ(案)

 

 1. 事業の説明

  -業界マップ

  -ビジネススキーム

  -KFS

  -市場における競合状況と当社の優位性

 

 2. 当社の業績

  -損益計算書(P/L)

   ‐営業利益率

   ‐コスト構造

  -貸借対照表(B/S)

  -キャッシュフロー計算書(C/F)

  -営業効率分析(ROE)

 

 3. 将来の計画

  -戦略マップ

  -バリュエーション

 

 4. 株主・投資家の皆様へのメッセージ

  -当社のビジョンと戦略

  -還元に対する考え方

  -代表からのメッセージ

 

 

 

 

「1. 事業の説明」 サンプル


ここでは、会社がどのように、どうしてお金を稼いでいるか、を明確に説明する必要があります。投資家は儲けの仕組みが理解できない会社には投資をしません。

 

ビジネスのスキームと成功要因(KFS)、業界と他社との差別化ポイントをわかりやすく説明します。

IR資料、事業の説明、業界マップ、ビジネススキーム、KFS、市場における競合状況と当社の優位性のサンプル

 

 

 

 

「2. 当社の業績」


投資家が求める業績の推移を端的に表し、変化に対しては、弊社アナリストが第三者的な視点・投資家の視点から注釈を入れます。

 

 

 

「3. 将来の計画」 サンプル


将来について現実的かつ具体的に語ることは、IR活動にとってもっとも重要なポイントです。

 

ここでは、現状の事業を今後どの領域に発展させていこうとしているか、いくつかの方向性のシナリオを「戦略マップ」で示します。

 

そして、「戦略マップ」のそれぞれのシナリオが成功した場合に、企業/事業の価値(「バリュエーション」)がどれくらいになるかを計算し、数値として投資家に見せることで、投資家は、より出資をしやすくなります。

IR資料、将来の計画、戦略マップ、バリュエーションのサンプル

「4. 株主・投資家の皆様へのメッセージ」 サンプル


最後に、会社から、投資家に対しての誠意を示す必要があります。 

 

前章の「戦略マップ」のシナリオを実行する計画を時間軸に沿って示し、また、その結果会社がどこをゴールとしているのかを明確にしたものが「当社 のビジョンと戦略」です。投資家は、この計画がうまくいきそうであると判断したら投資をするでしょうし、判断できなければ投資をしないでしょう。

 

会社の還元に対するスタンスを戦略的に定め、示すことは資本政策上重要です。

 

最後の「代表からのメッセージ」では、経営者の人となりが伝わるよう、言葉を遂行してつづっていきます。

IR資料、株主・投資家の皆様へのメッセージ、当社のビジョンと戦略、還元に対する考え方、代表からのメッセージのサンプル

 

 

 

IR資料作成のスケジュール


資料作成のプロジェクトは、1~1.5ヶ月の期間にわたり、下記のようなスケジュールで進めます。

IR資料作成のスケジュール

 

 

 

次ページ

④-1個人投資家向け説明会