本当のバリュー投資とは?

あなたのバリュー投資は、『本当のバリュー投資』ではありません


先日、昨年初めて株式投資をした2人に話を聞きました。
2人とも、割安な株へ中長期で投資をするスタイルだといいます。

1人は、年間25%のリターンを得、 もう1人は、年間50%のリターンを得ました。

相場が良かったとはいえ、投資をはじめたばかりだということを考えると
両者とも素晴らしい成績だと思います。

しかし、成績には差がでました。

この差はどこから来たのでしょうか?
リターン50%の人は、財務の分析などに基づいて投資をしていましたが、
リターン25%の人は、PERやPBR等の指標に基づいて投資をしていました。

具体的には、「PER15倍以下、PBR1倍以下」の株をスクリーニングで買うという、
よく耳にする手法です。

PERやPBRは、銘柄の割安度を判断するとても便利な指標です。

しかし、これ(PERやPBR)には落とし穴があるのです。

 

~PBRの弱点とは~


PBRは簿価純資産と時価総額を比べて、資産の割安度をみる指標ですが、

問題は、すべての純資産が、

本当に簿価分の価値があるわけではないということが問題になります。

それは、中には価値が劣化している資産があるからです。

その代表格は、棚卸資産、売上債権、有形固定資産、長期債権などですが、
単純にこれらすべてを簿価と評価しては、適切な資産価値はわかりません。

売上債権は8掛、棚卸資産は5掛くらいで評価するのが妥当といえます。

数字をそのまま信じてしまうと、痛い目に会いやすくなります。

PBRを見るだけでなく、

簿価資産を個別に“ザックリ”評価しなおすことができれば、

より正確に資産価値を弾くことができ、

高い投資リターンを得られるかもしれません。

 

 

~PERの弱点とは~


また、PERは利益と時価総額の対比ですが、こちらにも問題があります。

PERで用いられる利益は、事業によって得られる営業利益だけでなく、
特別利益や損失など一時的な収益・費用が加算された最終利益だということです。

このため、PERが低いからといって安易に割安だと判断することはできません。
PERを用いるときには、必ず、利益の“中身”を一つ一つ見てゆく必要があります。

要するに、PERやPBRといった単一指標で、企業の“今”を輪切りにしてみたとしても、
“将来”に渡って継続的に事業を行う企業の価値を割り出すことはできないのです。

市場が加熱しつつある現在、真に価値ある企業を見つけるためには、
一歩先行く、企業価値評価の“ものさし”が必要になっているのかもしれません。

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

http://valuationmatrix.com/

 

財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを使えば

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

 

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。