高機能企業分析ツール

「バリュエーションマトリクス」が

経営分析を強力にバックアップします


 

バリュエーションマトリクスは、超大型M&Aを手がけてきたプロが構築した上場企業の実態を直感的に把握することができる高機能企業分析ツールです。

 

ワンクリックで、企業の容態を把握することができ、営業提案・与信、投資戦略活動を強力にサポートします。


バリューマトリクスを用いて他社の財務状況と比較したり、バリュエーション(実態価値)とマーケットバリュー(市場価格)の差を見るなど多面的な分析を行うことで、自社や取引先、提案営業先の経営上の課題を突き止め、適切な打ち手を打つことができるようになるでしょう。


現在、上場企業の経営企画部、証券会社、銀行に導入実績がございます。

 

 

 

 

 

「バリュエーションマトリクス」とは何か?


御社の企業価値をワンクリックで評価します。

 

企業価値を高めるためには、まず現状を把握することが大切です。

 

たとえば御社の時価総額は、企業の本質的な価値と比べてどうでしょうか。
割安でしょうか?
割高でしょうか?
それとも、フェアバリューでしょうか?

それぞれの状況において、経営戦略の打ち手が変わってきます。

また、客観的に第三者からどのように思われているかも重要になります。
自社のビジネスモデルは評価されているのか?
どれだけの方が御社に興味を持っているのか。

これらの問題に対して答えを導くのが、
企業価値評価ツール「バリュエーションマトリクス」です。

 

「バリュエーションマトリクス」は、M&Aのプロが弾いた、御社そして他社の割安度がわかります。これは、DCF(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法という方法で行なわれるもので、M&A業界や欧米では一般的に使われている方法です。

バリュエーションマトリクスは計算に時間をかけることなく、1クリックで、あっという間に投資有望度を示し、視覚的に財務諸表を描画しています。企業の実態をつかめます。

企業分析ツール「バリューマトリクス」

 

バリュエーションマトリクスは、全上場企業 約3,700社について、

以下の情報を瞬時にビジュアルとして提示します。
 ・DCF法を用いたバリュエーション
 ・個人投資家からの評価・コメント
 ・財務諸表(B/S、P/L、C/F)
 ・他社との比較機能

 

 

 

 

 

 

バリュエーションマトリクスの主な機能


 

1.企業価値の算定と割安度の判定

 

DCF(ディスカウンテッド・キャッシュフロー)法により企業価値評価を行っています。DCF法では、企業の所有する事業の価値を将来キャッシュフローと割引率から算定し、これに事業に使用しない財産の価値を足し上げ、債権者に帰属する有利子負債などを控除することで、普通株の株主価値を算定し、直近の株価と比較し、割安度(割高度)を判断しています。

 

DCFバリュエーション

 

※シミュレーション機能

 

売上成長率営業利益率設備投資割引率を予測し、操作することで、DCFバリュエーションのシミュレーションを行うことができます。

DCFバリュエーション シミュレーション

 

 

 

2.複数の倍率評価

 

営業利益倍率(EV/EBIT倍率)、キャッシュフロー倍率(PCFR)、PER、PBRを同時に見ることで、企業の割安度、投資有望度が一目でわかります。

倍率評価

 

 

3.貸借対照表(B/S)の推移分析

 

貸借対照表(B/S)を過去2年分の推移をビジュアルで表示します。B/Sをボックスの大きさで比較することで、企業内部で起こっている財務的な変化などが一目で分かるようになります。(現在は5年分のみ提供中)

バランスシート(BS)

 

 

4.損益計算書(P/L)の推移分析

 

損益計算書(P/L)の過去5年間分の売上、営業利益、純利益の推移をビジュアルで表示します。直近の3年、5年の業績トレンドが確認できるので、将来を考える上で役立てることができます。

損益計算書(PL)

 

 

5.キャッシュフロー分析

 

過去5年間分の営業・投資キャッシュフローの推移をマトリックスで表します。

 

投資(投資キャッシュフロー)が稼ぎ(営業キャッシュフロー)よりも大きいときには、「投資期」にあることや、資産を売却して現金に変えるなどにより、投資キャッシュフローがプラスになっているときには、「停滞期」や「低迷期」に当たるなど、会社の行動状況をキャッシュフローの状態によって把握することが可能です。

キャッシュフロー計算書(CF)

 

 

6.経営効率の分析(ROICツリー)

 

財務分析のツールのひとつとして、経営効率の指標(ROIC:税引後投下資本営業利益率)とその変化を表示します。

投下資本利益率(ROIC)

 

 

7.セグメント別、地域別の業績(ベータ版)※現在は提供しておりません

 

事業別・地域別の売上高や営業利益率を見ることが出来ます。

セグメント別の売上高・営業利益率の推移
地域別の売上高・営業利益率の推移

 

 

8.同業者比較、競合比較

 

各種倍率評価、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフローマトリクス、経営効率の分析(ROICツリー)において、2社間、社間の比較ができます。同業種などで比較することで、経営分析がしやすくなります。

 

 

各種倍率評価の比較

赤…三菱商事

青…三井物産

緑…住友商事

倍率評価 三社比較

 

 

 

 

貸借対照表(B/S)の比較

バランスシート(BS) 三社比較

 

 

 

 

損益計算書(P/L)の比較

それぞれのグラフは、左から、売上高営業利益純利益の額を示します。

赤…三菱商事

青…三井物産

緑…住友商事

売上高・営業利益・純利益 三社比較

 

 

 

 

営業キャッシュフローと、投資キャッシュフローの動きの比較

赤…三菱商事

青…三井物産

緑…住友商事

キャッシュフロー 三社比較

 

 

 

 

ROIC(投下資本利益率)の比較

赤…三菱商事

青…三井物産

緑…住友商事

投下資本利益率(ROIC) 三社比較

 

 

 

「バリュエーションマトリクス」のお申込み・お問合せ


「バリュエーションマトリクス」のお申込み・お問合せは、以下の連絡先、もしくは連絡フォームからお願いいたします。

 

電話:

050-3561-9160
(平日午前10時~午後18時)

eメール:

info@bluemarl.in

 

~~連絡フォーム~~

*よろしければ会社・部署名もご記入くださいませ。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です