PER(株価収益率)と株主の関係

 

PERの計算式は、PER =(時価総額)÷ 純利益 です。
(PER = 株価 ÷ EPS[一株益]と表現されますが同じことです。)

そのPERの意味は、以下の通りです。

『株主』が受け取る利益(純利益)に対する、
『株主』が出したお金(時価総額)の倍率(利回り)を表しています。

私たちがPERをよく使うのは、私たちが株主だからです。

だから、株主だけが受け取ることができる最終利益と、
株主だけが出すお金である時価総額だけを比較するのです。

しかし、これは少し変です。

なぜなら、企業は利益を出すために、
「株主からの出資だけでなく、銀行からの借金も使って事業を行う」からです。

企業の本来の実力を見るには「株主だけでなく」、
銀行も含めた、調達したすべてのお金に対する、
すべての利益を比較する必要があります。

もともと株式投資は、会社の実力(=価値)に対して投資をしますが、
本来の実力が反映されない投資指標(PERなど)を使用することが問題になるのです。

確かにPERは便利な指標ですが、企業の本来の実力を見るには株主だけでなく、
調達したすべてのお金に対する、すべての利益を比較する必要があります。

 

 

PERの使い方を詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

http://valuationmatrix.com/

 

財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを使えば

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

 

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。