株式投資におけるROICとWACC

株で、100万円儲かった人がいます。
さて、この人は本当にもうかったのでしょうか?

 

実はこれだけではわかりません。

 

なぜなら、100万円儲けるのに1000万円使ったとしたら、利益率は10%ですが、
100万儲けるのに1億円使ったのなら、利益率はわずかに1%、つまり定期預金に
預けるのと同じだからです。

 

企業も、同じように投下資本(=企業が事業を行うために“投下”した資本
(お金))に対して、どれだけの収益を生み出すことが出来たか?
に着目する必要があります。

ところがこれだけでは不十分です。

なぜ、不十分なのをご説明しましょう。

 

================================

仮に1000万円で100万円儲けたとしても、その1000万円をどうやって
工面したのか、が問題になるからです。

 

1000万円を、消費者金融で借りてきたら、金利は20%です。
仮に10%のリターンを出しても、マイナス10%となってしまいます。

 

企業も同じです。

 

企業は資本を企業の外から「調達」してきて、事業運営を行います。
その資本の「調達」先は、投資家、つまり銀行と株主です。

 

銀行からの調達のことを、「借金」だとか「借入金」と表現し、株主からの
調達は「株主資本」と呼びます。

 

皆さんもご存じの通り、借金には「利子」が付きます。
その利子は、大まかに言って1~3%程度が、今現在の目安です。
もし利率が1%で100億円借りてくれば、1億円の利子と元本の一部を、
ある一定の期間、返済し続けることになります。

 

しかし、一方の株主資本はどうでしょうか。
バブル期に、株主から調達してきた資本には、返済義務がないため
「無料」の“自己”資本とまで言われていましたが、それはうそです。

 

世の中に、タダより高いものはありません。

 

株主は出資先のオーナーになるためだけにお金を出すのではなく、
きちんとリターンを貰いたいと思っています。

 

そのリターンの貰い方は配当金や、キャピタルゲインといって
株を市場で売却した時に得ることが出来る利益があります。
配当金もキャピタルゲインも、企業活動が上手く行き、
その結果として株主が得られるものです。

 

最近のファンドによる買収の動きは、
「俺たち株主なんだからちゃんとリターンをよこせ」と言ってきているのですね。

 

いままでの日本では、株主の“コスト”という認識があいまいだったために、
今になって、あたふたしているという状況です。

 

ところで、この株主からの調達コストは、低くて4%程度から高くて
30%以上の場合もあります。

 

いずれにせよ、銀行の利子とちがって、「成果報酬」ですから、
求めるリターンは、利子よりも高くなります。

 

こうなると企業は、単に収益性(ROIC)を高めるだけでなく、
調達してきたコスト以上のリターンを出さなければならないということです。

 

この調達してきたコストのことを、WACC(ワック)といいます。

 

企業は、通常、株主と銀行の二社からお金を調達してくるので、このワックは、
両者の調達コストを平均したものになります。

 

たとえば、借入れで100億、株主から100億調達してきて、
それぞれのコストが、借入れ金利1%、株主コスト6%とすると、
両者を平均すると、ワックは3.5%となります。(税金は無視してます)

 

ワック3.5%=(100億円×1%)÷200億円 + (100億円×6%)÷200億円

 

この調達コストの計算法の事を、加重平均と言います。
食塩水の濃度の計算と言えばよいでしょうか(笑)?

 

さて、復習です。

 

調達してきた資本を使って稼ぐ能力を表すのがROICです。
そして、その調達のコストがWACCです。

 

この2つは密接に関係しており、この2つを使って優良企業を表すことができます。

要するに稼ぐ能力の方が、調達コストより大きければ良いのです。

 

 ・ ROIC > WACC

 

の状態ですね。

 

最初に出てきた、10%のROICの企業はWACC=3.5%を超えているため
優良企業と考えることが出来ます。
一方、1%のROICの企業で同じ調達コストの企業は、・・・もうお分かりですよね。

 

企業はこのコスト返済のために業績を良くしなければなりません。
「収益性が良いから」と言っても、その「収益性」を得るために、多くの犠牲
(高い調達コスト)を支払っている企業への投資は要注意ですよ。

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

http://valuationmatrix.com/

 

財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを使えば

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

 

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。