積水ハウスの株価を見る前に

 

積水ハウスの企業価値を見抜いて投資せよ!

正しく学び、正しく投資すれば、必ず勝率は上がります。

 

銘柄選定をしっかり行い、

勝機がある時(価値と価格に差がある時)にのみ投資すればよいのです。

 

企業価値評価法(バリュエーション)を学び、

中長期にわたって企業を応援することで、あなたにとって、

株式投資はギャンブルではなくなります。

 

『勝つべくして勝つ』投資法を一緒に学んでみませんか?

積水ハウスの企業価値評価(20090706)
積水ハウスの企業価値評価(20090706)

 

企業における事業の価値と財産の価値の部分を足したものを、

「企業価値」と言います。

この企業価値より、有利子負債を差し引いた物が株主価値となります。

 

企業価値 = 事業価値 + 財産価値

株主価値 = 企業価値 - 有利子負債

 

企業価値評価(バリュエーション)を行うことで

銘柄の割安度の判定することができます。

 

それでは短時間で簡単に積水ハウスの過去業績を分析してみましょう。

 

積水ハウスのキャッシュフロー計算書
積水ハウスのキャッシュフロー計算書

08年度、営業C/F(キャッシュフロー)が

前年のプラス770億円からマイナス1,750億円と大幅に減少しています。

この大幅な営業C/F(キャッシュフロー)のマイナスは、積水ハウスの場合、
06年の若干のマイナスを除くと過去5年で初めてです。

いったい、何があったのでしょうか?

有価証券報告書のキャッシュフロー計算書(C/F)を見てみると、

棚卸資産に2,130億のお金を使っています。

実は・・・
不動産業では、棚卸資産の増加が「実質的な投資」を意味します。

このキャッシュ流出分は投資C/F(キャッシュフロー)には
反映されず、営業C/F(キャッシュフロー)に計上されてしまうのです。

08年の営業C/F(キャッシュフロー)マイナス1,750億円は、棚卸資産の
増加分2,130億を差し引くと、380億円程度のプラスとなります。

また、投資C/F(キャッシュフロー)はマイナス600億円と計上されていますが、
実質的にはマイナス2,730億円の投資であったこと考えることができます。

当社は利益は微減していますが、

本業の稼ぎが著しく減少したわけではなく、

積極的に投資を実施しているといえます。

 

次に、積水ハウスの損益計算書(P/L)を見てみましょう。

 

積水ハウスの損益計算書
積水ハウスの損益計算書

売上高、営業利益、純利益について、
06年から08年度までの過去3年平均と今期の伸び率は、以下の通りです。

1.売上高 1.5兆円(08年度)
3.1%(過去3年の伸び率の平均)→0.1%(08年度の伸び率)

2.営業利益 1000億円
17.1%→-1.7%

3.純利益 600億円
18.4%→-3.7%

上記から、06年からの成長の勢いが08年では止まってしまっているようです。
積水ハウスの損益計算書(P/L)各指標の増加傾向が、

維持に留まる、または減少転じてしまっているようです。

 

次は、積水ハウスの貸借対照表(B/S)を見てみましょう。

積水ハウスの貸借対照表
積水ハウスの貸借対照表

 

積水ハウスの分析まとめ

 

キャッシュフロー計算書(C/S)で見たとおり、

07年には5,000億円(総資産の40%)だった
棚卸資産が、08年には、7,100億円(総資産の50%超)にまで急増しています。

また、長期借入金が約1,200億円増加しており、

総資本の10%を占めるまでに増加しています。

(結果的に株主資本比率が減少)


そして、2,300億円の現金等が減っていることから、
もともと持っていた現金と、新たに借り入れた資金で
棚卸し資産に‘投資’をしたのだということが分かります。

 

以上から、積水ハウスは08年に業績の伸びが止まりがありました。

(損益計算書P/Lの観点)

 

本業の稼ぎを維持しつつ、借入を行い積極的に投資を行っています。

(キャッシュフロー計算書C/Sの観点)

 

棚卸資産を急増させています。

(貸借対照表B/Sの観点)

業界不調の中、積極的に投資を行い、事業展開している様子が窺えます。

今後の業績は当然、今回の大幅な投資額を上まわる収益を回収できるかが

鍵となってきます。

また、太陽光発電装置の値引き制度により住宅需要が喚起されるかどうか、

そして業績へどのように貢献するかにも注意したいところです。

 

 

 

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

まずはお試し10社無料

* トヨタ自動車
* ソニー
* キヤノン
* 創通エージェンシー
* イハラサイエンス
* 山田債権回収管理総合事務所
* ウィザス
* 電通
* GOOGLE INC.
* MICROSOFT CORPORATION

 

 

 

~次世代企業価値評価ツール~

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、バリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。


目次

  1. 企業価値とはなにか(03:07)
  2. DCFバリュエーションの基礎(03:43)
  3. 財務分析の基礎(05:20)
  4. 財務分析の応用(03:47)
  5. あの企業の凄さが一目で(04:46)
  6. そして・・・(02:38)

 

▼再生ボタンを押してください


上記動画を閲覧するためには、Adobe社のFlash Playerをインストールする必要があります。