富士通の株価を見る前に

 

富士通の企業価値を見抜いて投資せよ!

正しく学び、正しく投資すれば、必ず勝率は上がります。

 

銘柄選定をしっかり行い、

勝機がある時(価値と価格に差がある時)にのみ投資すればよいのです。

 

企業価値評価法(バリュエーション)を学び、

中長期にわたって企業を応援することで、あなたにとって、

株式投資はギャンブルではなくなります。

 

『勝つべくして勝つ』投資法を一緒に学んでみませんか?

富士通の企業価値評価(20090706)
富士通の企業価値評価(20090706)

 

企業における事業の価値と財産の価値の部分を足したものを、

「企業価値」と言います。

この企業価値より、有利子負債を差し引いた物が株主価値となります。

 

企業価値 = 事業価値 + 財産価値

株主価値 = 企業価値 - 有利子負債

 

企業価値評価(バリュエーション)を行うことで

銘柄の割安度の判定することができます。

 

それでは短時間で簡単に富士通の過去業績を分析してみましょう。

 

富士通の損益計算書
富士通の損益計算書

富士通の損益計算書P/Lの視点

 

前期比の伸び率は、売上が4.5%、営業利益が12.6%と、順調です。
ただし、08年に純利益が純利益が50%減少しています。

営利利益が向上する中、純利益が減少するということは、特別損失の影響です。
何が起きたのか理由を確認する必要がありますが、
まずはざっと全体を見渡してから、有報で詳細を調べましょう。

次は、実際のキャッシュの流れを見てみます。

富士通のキャッシュフロー計算書
富士通のキャッシュフロー計算書

富士通のキャッシュフロー計算書C/Sの視点


営業キャッシュフローは

07年の4100億円まで順調に伸びていましたが、
08年には20%減の3200億円となっています。

 

投資キャッシュフローは08年は2800億円のマイナスで、
特に設備投資額は毎年拡大しています。

 

財務キャッシュフローは直近5年で、08年のみプラス620億円になっています。

07年までは、儲けの範囲内で積極投資を行い、
同時に債務返済も実施していましたが、
08年は営業CFが減少した分、借入を行って投資を行っており、
キャッシュの流れが変化していますね。

それでは、B/Sにはどんな変化が現れているのでしょうか?

富士通の貸借対照表
富士通の貸借対照表

富士通の貸借対照表B/Sの視点


総資産が07年から3%分、1000億円減少しています。
運用面では、売上債権、棚卸資産が合計660億円の減少、
仕入債務が520億円の減少と、運転資本が減少しています。
また、現金等は1000億円増加しています。

損益計算書P/Lで見たように売上は増加していましたので、
売上の伸びに対して運転資金が減少していることになります。

例えば、売上の伸びに対して、売掛金が減少しているということは、
より大きな現金回収ができている、ということになります。

 

つまり、運転資金が少ないほど、売上から得られるキャッシュが多くなり、
実際の儲け分である営業キャッシュフローは大きくなる、ということです。

実際、運転資本回転日数を見ると、
05年は”20日”に近かった数値が、
08年には"3.2日"へ大幅に向上していますね。

営業キャッシュフローの確保度合いを大きくし、
なおかつ総資産を圧縮していることからも、
機動的な財務体質に向けて改善を行っているように窺えます。

 

 

富士通の分析まとめ

 

先に08年の特損の内容を確認してから、分析内容をまとめます。

 

有報でさっと確認すると、特別損失は700億円規模で、
1.LSIの事業構造改革費用、開発・生産拠点のスリム化で250億
2.米国株の評価損、250億
3.会計基準早期適用、在庫洗い変え250億
と、米国株の評価を除いては、
将来に向けて前向きな損失計上を行ってたようですね。

それでは、さっと見てきた情報からのまとめですが、
売上・営業利益も順調に推移する中、
将来のために毒抜きを行い(損益計算書P/Sの視点)、
積極的に投資を続けており(キャッシュフロー計算書C/Sの視点)、
営業CFを確保し易い体質へ変化しているようです(貸借対照表B/Sの視点)。

富士通はLSI生産を外製化する戦略へシフトしたようです。

 

業界再編が加速する中、将来への投資を積極的に続けながらも
柔軟に意思決定し、先行き不透明な経済環境の中、
売上が落ちても営業CFを確保できる財務体質にして、
収益改善に取り組んでいるようです。

 

 

 

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

まずはお試し10社無料

* トヨタ自動車
* ソニー
* キヤノン
* 創通エージェンシー
* イハラサイエンス
* 山田債権回収管理総合事務所
* ウィザス
* 電通
* GOOGLE INC.
* MICROSOFT CORPORATION

 

 

 

~次世代企業価値評価ツール~

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、バリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。


目次

  1. 企業価値とはなにか(03:07)
  2. DCFバリュエーションの基礎(03:43)
  3. 財務分析の基礎(05:20)
  4. 財務分析の応用(03:47)
  5. あの企業の凄さが一目で(04:46)
  6. そして・・・(02:38)

 

▼再生ボタンを押してください


上記動画を閲覧するためには、Adobe社のFlash Playerをインストールする必要があります。