ソニーの株価を見る前に

 

ソニーの企業価値を見抜いて投資せよ!

正しく学び、正しく投資すれば、必ず勝率は上がります。

 

銘柄選定をしっかり行い、

勝機がある時(価値と価格に差がある時)にのみ投資すればよいのです。

 

企業価値評価法(バリュエーション)を学び、

中長期にわたって企業を応援することで、あなたにとって、

株式投資はギャンブルではなくなります。

 

『勝つべくして勝つ』投資法を一緒に学んでみませんか?

ソニーの企業価値評価(20090706)
ソニーの企業価値評価(20090706)

 

企業における事業の価値と財産の価値の部分を足したものを、

「企業価値」と言います。

この企業価値より、有利子負債を差し引いた物が株主価値となります。

 

企業価値 = 事業価値 + 財産価値

株主価値 = 企業価値 - 有利子負債

 

企業価値評価(バリュエーション)を行うことで

銘柄の割安度の判定することができます。

 

それでは短時間で簡単にソニーの過去業績を分析してみましょう。

 

ソニーの損益計算書
ソニーの損益計算書

ソニーの損益計算書P/Lの視点

売上は堅調に推移していますが(08年は8.9兆円規模)、
以下の通り、営業利益・純利益が著しく増減しています。

●営業利益、  純利益
06年 2300億、 1240億
07年 720億、  1260億
08年 3700億、 3700億

07年は営業利益が1500億円ほど急減しています。

有報でさっと確認すると、要因はゲーム事業で、
07年のPS3導入期の大幅な費用増でした。
(製造コストを下回る価格販売等で原価、販管費が増加)
07年の純利益は、関係会社の投資利益によって支えられたようです。

それでは、全体業績に大きく影響を与えたゲーム事業と、
主力のエレクトロニクス事業の損益状況を見てみましょう。

ソニーの事業セグメント別 売上高・営業利益率の推移
ソニーの事業セグメント別 売上高・営業利益率の推移


ソニーの事業セグメント別 売上高・営業利益率の視点

●ゲーム事業(売上、営業利益率)
07年    1兆、-22.8%
08年   1.28兆、 -9.7%

●エレクトロニクス事業(売上、営業利益率)
07年   6.1兆、 2.6%
08年   6.6兆、 5.4%

個別の指標をみると、07年のゲーム事業の営業利益率の悪化が明確ですね。
エレクトロニクス事業は堅調のようです。

次に、実際のキャッシュの流れを見てみましょう。

ソニーのキャッシュフロー計算書
ソニーのキャッシュフロー計算書


ソニーのキャッシュフロー計算書C/Sの視点

FCF(フリーキャッシュフロー)は常にマイナスです。

投資額は一定程度に推移しています。
(8000億規模)

営業キャッシュフローは4000億円~7000億の間で、年によって上下しています。

財務キャッシュフローは常にプラスで、2000億円~5000億円の間を推移しており、
FCF(フリーキャッシュフロー)のマイナス分よりも高くなっています。

大きな借入は行なっておらず、
金融ビジネスによる顧客預り金の増加が大きいためです。

FCF(フリーキャッシュフロー)マイナス分を金融ビジネスからの
キャッシュ流入で賄っているようですね。

東証の業種では「電気機器」として登録しているソニーですが、
同業他社と比べてCF(キャッシュフロー)構造を分けています。

それでは、貸借対照表B/Sを見てみましょう。

ソニーの貸借対照表
ソニーの貸借対照表

ソニーの貸借対照表B/Sの視点

総資産が07年の11.7兆円から、08年には12.6兆円に増加しています。

投資有価証券が3.4兆円から、4兆円にまで増加していることが目立ちます。

また、総資産に占めるその割合は、08年では32%と高くなっています。

投資証券の大きさが、ソニーの関係会社の多さを物語っていますね。


ソニーの分析まとめ

堅調に売上を上げる中、ゲーム事業による減益があったものの、
主力事業により利益を確保しています。

(損益計算書P/Lの視点)

FCF(フリーキャッシュフロー)マイナスですが、

金融ビジネスによる財務キャッシュフロープラスでそれを賄っており、
大きな借入は行なっていません。

(キャッシュフロー計算書C/Sの視点)

投資有価証券の増大が多く、その割合も大きくなっています。

(貸借対照表B/Sの視点)

製造コストを下回る価格販売で業績の損失を大きく与えたゲーム事業、
それを賄う堅調なエレクトロニクス事業、
同業他社とキャッシュ構造で大きく差を分ける金融事業、
それらを象徴する多種・多量の関係会社の有価証券と、
様々な顔を持つソニー特徴が、業績・財務状況からも見て取れます。

09年は主力のエレクトロニクス事業が大きく転落し、最終赤字となりましたが、
今後はその回復と、ゲーム事業投資からの回収に特に注目です。

 

 

 

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

まずはお試し10社無料

* トヨタ自動車
* ソニー
* キヤノン
* 創通エージェンシー
* イハラサイエンス
* 山田債権回収管理総合事務所
* ウィザス
* 電通
* GOOGLE INC.
* MICROSOFT CORPORATION

 

 

 

~次世代企業価値評価ツール~

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、バリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。


目次

  1. 企業価値とはなにか(03:07)
  2. DCFバリュエーションの基礎(03:43)
  3. 財務分析の基礎(05:20)
  4. 財務分析の応用(03:47)
  5. あの企業の凄さが一目で(04:46)
  6. そして・・・(02:38)

 

▼再生ボタンを押してください


上記動画を閲覧するためには、Adobe社のFlash Playerをインストールする必要があります。