PER(株価収益倍率)とは

PER(株価収益倍率)とは、株価の評価をする指標としては、
もっとも一般的であり有名な指標です。
P/Eと表す事もあります。
株価を、1株あたりの利益で割ったものです。

現在の株価が、今の利益の、何年分まで見越して値段を
つけているかを見ることができる指標です。
平均値は、業種によって違ったり、また、企業の事業年数によっても
異なるため注意が必要です。
バリュー投資家が、割安株を探す際の、 メインの指標となります。
時価総額が500億円で、純利益が50億円ならば、PERは10倍となります。
これは、この会社の株式の利回りは10%である
(純利益50億円÷時価総額500億円×100)ことを表しています。
一般的な株式の利回りは6〜8%であるため、PERが15倍以下
(約7%=1÷15×100)の株式は、割安だといわれる。
PERとは、利回りの逆数とも言えます。

 

 

 

企業情報無料

 

 

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

まずはお試し10社無料

* トヨタ自動車
* ソニー
* キヤノン
* 創通エージェンシー
* イハラサイエンス
* 山田債権回収管理総合事務所
* ウィザス
* 電通
* GOOGLE INC.
* MICROSOFT CORPORATION

 

 

 

 

~次世代企業価値評価ツール~

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、バリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。


目次

  1. 企業価値とはなにか(03:07)
  2. DCFバリュエーションの基礎(03:43)
  3. 財務分析の基礎(05:20)
  4. 財務分析の応用(03:47)
  5. あの企業の凄さが一目で(04:46)
  6. そして・・・(02:38)

 

▼再生ボタンを押してください


上記動画を閲覧するためには、Adobe社のFlash Playerをインストールする必要があります。