運転資本回転日数とは

企業運営には運転資本が必要です。

運転資本とは売掛金、在庫、買掛金の関係で必要になる
資本(つまり現金のこと)です。

売掛金や在庫をいかに早く現金化し、その現金か元々持っていた
現金で買掛金を支払っていくサイクルが上手く回転していることが
優秀な企業だといえます。

運転資本回転日数(Turnover Period of Working Capital)とは、

その事業運営に必要な資金(運転資本)の出入りの効率性を表します。

以下の算出式からも分かるように、何日間で運転資本が回転するかを
見る指標であり、この数値(日数)が低いほど効率がよいことを示します。

算出式: 
運転資本回転日数 =
365×(売掛金 + 棚卸資産 - 支払手形及び買掛金) ÷売上高

 

 

財務分析サイトValuationMatrixのご紹介

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

http://valuationmatrix.com/

 

財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを使えば

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

 

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

 

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。