減価償却とは

減価償却とは、費用(支出)を配分計上することです。
長期間に渡り利用される有形固定資産(設備投資など)を取得した場合
費用(支出)が、偏ることを防ぎます。
その資産が使用できる期間に費用(支出)を分配します。
実際、費用(支出)と資産の切り分けも曖昧です。
両者は、売上を上げる、という共通目的を持つ同じコストです。
その効果を、“恒常的”か“一時的”か、といった会計上の
「形式」に基づいて、費用にするか、資産に計上するか、
を分けているにすぎないのです。
このように考えると、極めてざっくりした形式であるといえます。
私たちは、現在のところ、この償却ルールの設定は経営者のモラルに
かかっていると考えています。
余談になりますが経営者のモラルは、企業の取る会計方針の
ところどころに表れます。
例えば、退職給付引き当ての手法や、減損会計の適用の方法であったりします。

 

 

財務分析サイトValuationMatrixのご紹介

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

http://valuationmatrix.com/

 

財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを使えば

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

 

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

 

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。