売上債務回転日数とは

売上債務回転日数(Account Receivable Turnover Period)とは、

信用や手形などで売上を立てた場合の現金化までの日数です。

売上債務の回転日数が高いということは、
売掛金を現金化できておらず
資金繰りが悪化していることを示しています。

顧客取引先の経営状態が悪化した場合は現金化ができない
リスクがあります。

店頭での現金販売を基本とする業種の場合は、
売上債務回転日数が短くなります。

売上債務回転日数 = 売上債務 × 365 / 売上高

 

財務分析サイトValuationMatrixのご紹介

 

時間が限られている個人投資家は、

短時間で投資判断することが求められます。

 

ご自身で分析される場合は、かなりの時間は掛かると思います。

しかし、財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを利用すれば、ワンクリックです。

 

http://valuationmatrix.com/

 

財務分析サイトバリュエーション・マトリクスを使えば

大きな安心感で、素早い投資判断ができるようになります。

・誰でもできる企業価値評価(DCF法バリュエーション)
・誰でもできる財務分析(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)
・誰でもできる競合比較

 

 

 

企業価値がわかることで、私たちは大きな安心感を得ることができ、

 

相場に踊らされることなく穏やかに日々を過ごす余裕を持つことができます。