株式投資セミナーDVD

 

株式投資セミナーDVDの講師は、

M&Aのプロフェッショナルしてベストセラー作家の山口揚平(やまぐちようへい)です。

「M&Aの現場で8年間の修羅場」を経験してきた、企業分析の分野おいては、日本トップクラスの実力の持ち主です。

本質的で一生使うことのできる投資知識が凝縮されています。

 

 

 

株式投資セミナーDVDのメッセージの一部をご紹介いたします。 


1.長期投資は有利
投資とは価値に賭けること、投機とは値動きに賭けることです。
両者に優劣はありません。
長期投資は、「コスト(手数料)」と「感情コントロール(エネルギー効率)の面で、
短期投資に比べて有利と言えます。

2.財布は人に預けない
プロとアマに差はなくなりつつあります。
これからは財布を人に預けるのではなく、自分の頭で考えて投資をするのも良いでしょう。

3.相手を理解する
投資も人間関係も、お互いを良く知ることで長く付き合える点では同じです。
従って、長期投資をするなら相手のことをよく理解しなくてはなりません。

4.これから必須のスキル
企業の分析では、まずは数字の見方(財務分析)を学ぶと良いでしょう。
特に、FCF、P/L、B/S、ROICの関係を知ることはこれからの時代、
必須のスキルかも知れません。
 ・FCF:フリーキャッシュフロー(Free Cash Flow)
 ・P/L:損益計算書(Profit and Loss statement (Income Statement))
 ・B/S:貸借対象表(Balance Sheet)
 ・ROIC:投下資本みなし税引後営業利益率(Return On Invested Capital)

5.ボトムアップとトップダウン
投資可能性を評価するときには、
現在の延長から将来の株価を予想するボトムアップアプローチと、
将来の展望をもとにその実現可能性を探る
トップダウンアプローチを組み合わせると良いでしょう。

6.良い結果につながる投資
結局は、理念に共感できる会社に長期で投資するのがよい結果がつながります。

7.真の民主主義的資本主義の達成
投資とは株を“売買”することではありません。
応援できる企業に“投票”することです。
多くの投資家(市民)が、このような考え方を持つことが、
真の民主主義的資本主義の達成につながるのではないでしょうか。

株式投資セミナーは、本質的な投資知識が

ギッシリと詰まったおすすめの1本です。

 

このDVD購入者の98%以上が満足と答えています。
きっとあなたも満足して頂けるものと確信しています。

 

一生使うことのできる本質的な投資知識を今すぐ手に入れてください。

 

 

真剣に株式投資を考える個人投資家向け株式投資セミナーDVDはこちら

(*現在売り切れ)