事業計画(戦略)作成のサポート

 

 

過去・未来・違い(強み)・意義・還元の5つを示す


弊社では、事業計画書(戦略書)作成のサポートいたします。

 

事業計画書において明らかにするべき内容は以下のとおりです。これらの要素を、経営陣との5回のヒアリングセッションを通じて作成して参ります。

 

アジェンダ(案)

  1. 事業の説明
  2. 当社の実績
  3. 将来の計画
  4. 株主・投資家の皆様へのメッセージ

 

アジェンダ(サンプル)

 

 1. 事業の説明

自社が誰にどのような価値を提供し、どのようなしくみでお金を得ているのかを正確・かつ明快に説明します。

 

また業界の規模、市場性、加えて当社の立ち位置(ポジション)を表現するとともに他社との違いについて説明します。

 

  -業界マップ

  -ビジネススキーム

  -KFS

  -市場における競合状況と当社の優位性

 

 

2. 当社の実績

 

投資家が求める業績の推移を端的に表し、変化に対しては、弊社アナリストが第三者的な視点・投資家の視点から注釈を入れます。

 

- 損益計算書(P/L) 営業利益率

- コスト構造

- 貸借対照表(B/S)

- キャッシュフロー計算書(C/F)

- 経営効率分析(ROE)

 

3. 将来の計画

 

将来について現実的かつ具体的に語ることは、資金調達にとってもっとも重要なポイントです。

 

ここでは、現状の事業を今後どの領域に発展させていこうとしているか、いくつかの方向性のシナリオを「戦略マップ」で示します。

 

そして、「戦略マップ」のそれぞれのシナリオが成功した場合に、企業/事業の価値(「バリュエーション」)がどれくらいになるかを計算し、数値として投資家に見せることで、投資家は、より出資をしやすくなります。

 

- 戦略マップ

- バリューション

 

 

4. 株主・投資家の皆様へのメッセージ

 

最後に、会社から、投資家に対しての誠意を示す必要があります。 

 

前章の「戦略マップ」のシナリオを実行する計画を時間軸に沿って示し、また、その結果会社がどこをゴールとしているのかを明確にしたものが「当社のビジョンと戦略」です。投資家は、この計画がうまくいきそうであると判断したら投資をするでしょうし、判断できなければ投資をしないでしょう。

 

会社の還元に対するスタンスを戦略的に定め、示すことは資本政策上重要です。

 

最後の「代表からのメッセージ」では、経営者の人となりが伝わるよう、言葉を推敲してつづっていきます。

 

- 当社のビジョンと戦略

- 還元に対する考え方

- 代表からのメッセージ

 

事業計画書作成のスケジュール


 

資料作成のプロジェクトは、1~1.5ヶ月の期間で、約5回のヒヤリングセッションを通して行います。具体的なスケジュールについては別途お見積もりいたします。

 

 

 

 

 

 

 

>>  事業創造メンタリングプログラム 

>> 事業計画(戦略)のサポート

>> お問合せ・お申込み