取締役挨拶

末端価格2兆円の知の流通業を創り上げる


当ホームページをご覧くださり、ありがとうございます。
ブルーマーリンパートナーズ代表の山口揚平と申します。

私は約15年間に渡り、M&A(企業の合併、買収)ビジネスの現場で仕事を行い、幸運にも日本の経済史上に残る大型M&A案件にも多数参画させていただきました。


M&Aのプロジェクトでは、限られた時間内に膨大な情報を処理し、投資先の有望度を見極める必要があります。そこで、私は、自らの頭で深く考え、物事の“本質”を見抜くことの大切さを学びました。

今、私たちは情報化社会に生きています。この情報化社会の本質は、情報が価値をもたなくなるということです。もはや人は、情報そのものではなく、その“意味”を求めています。この“意味”の時代では、膨大な情報の中から、物事の本質を見抜く力が強く求められると思います。

例えば、投資や金融の世界においても、もはや単に企業に関する情報を持っているだけでは、継続的な成果を上げることはできません。企業の価値や、その源泉を見抜くための正しい知識と、正確な情報の両者を併せ持つとき、私たちは始めて成果を上げることができるのです。

本当の知恵とは、情報や事実そのものを人より多く知っていることではなく、その捉え方・切り口の豊かさであると考えています。そこで、投資や企業を捉える視座の豊かさを、より多くの人と共有したいという願いからブルーマーリンパートナーズを創設しました。

 

当社は、21世紀の「知の流通業者」として、情報を高度に加工、編集し、卓越した表現力をもって皆様にお届けします。

どうぞ皆様のご支援をお願い申し上げます。

 


ブルーマーリンパートナーズ取締役
山口揚平

代表プロフィール


山口揚平 Yohei Yamaguchi 取締役

 

早稲田大学政治経済学部卒。東京大学大学院。トーマツコンサルティング、アーサーアンダーセン、デロイト トーマツ コンサルティング、アビームM&Aコンサルティング シニア・ヴァイス・プレジデントを経て現職。

職務経歴書はこちら

 

 

主な講演実績

 

M&Aデューディリジェンスの成功要件」(トーマツ監査法人)、「論理的思考と提案型営業」(三菱東京UFJ銀行アソシエイト研修)、「外資系企業誘致セミナー」(JETRO)、マネックスユニバーシティ、証券投資セミナー講師など多数

 

 

主な執筆実績

 

 

「企業再生プロジェクト――あるCFO12ヶ月奮戦記」(『経理情報』200310月号)

「買収ファンドが次にねらう注目の20銘柄」(『株M&A大化け相場に乗り遅れるな!』日本実業出版社 2005年)

『なぜか日本人が知らなかった新しい株の本』(ランダムハウス講談社 2005年)

『デューデリジェンスのプロが教える企業 分析力養成講座』(日本実業出版社 2008年)

『世界を変える会社の創り方』ブルーマーリンパートナーズ (2008/6/9)[1]

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』

 (アスキー・メディアワークス 2013年)

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』(ダイヤモンド社 2013年)

10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと 答えのない不安を自信に変える賢者の方法』( SBクリエイティブ 2015年)

 

 

山口揚平のM&A時代、挫折、起業のエピソードを生々しく語った冊子、『世界を変える会社の作り方』は、こちらからご覧いただけます。

 

山口揚平の独り言、仕事・経営哲学から思考論にいたるまで、日々つづります。こちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

>> 取締役挨拶

>> メンバー略歴

>> 実績

>> 執筆・メディア

>> 会社概要